とにかく早い!デリバリーの謎を探る

>

実際に導入した方の意見

スタッフ管理も簡単に?

従来は表計算ソフトでスタッフの勤怠管理をしたり、顧客の住所録を管理したりしていたのでPCがダウンすると仕事になりませんでした。またこのような管理方法では人員コストがかかりますし、何よりデータ管理がアナログなのでセキュリティ面も常に危険に晒されている状態だったのです。
そこでデリバリーシステムを導入し、すべてをサーバー管理にしたところ、顧客管理はもちろんのことスタッフの管理が楽になったといわれています。これは一定の情報をサーバーに保管することで、誰でもアクセスができるようになります。よって人を経由する伝言ゲームより確実になりますし、人員コストの削減にも貢献しています。
コンパクトな経営が求められる現代だからこそ、不要な人員を割くよりもある程度はネットや機材に任せることで、ホウレンソウが円滑になります。

だれでも導入すればいい訳ではない?

これまでにデリバリーサービスとは何か?から裏側について説明してきましたが、どんなサービスでもデリバリーをすれば良い訳ではありません。
依頼をする前に、最終的なビジョンを持つことが重要ですし、導入してすぐに売上アップが望めるものではありません。継続して続けることや、常に情報を分析しより良いサービスを提供するために試行錯誤を続けなければなりません。
また顧客に分かりやすいようにPRするといった基本的でありながら、店舗やサービスを魅力的に見せるには何が必要なのかを考える必要があります。効率を上げる、従来の店舗でのサービスとは全く違うことだと理解することが、サービス導入をするにあたって重要なマインドです。
ちなみにデリバリーサービスの導入をサポートしてくれる企業もありますので、相談から始めるのも良いですね。デリバリーサービスの裏側は、普段知ることができないので導入検討している方は参考にしてみてください。


TOPへ戻る