とにかく早い!デリバリーの謎を探る

>

より高速化を目指して

今は平均どの程度で到着する?

従来のデリバリーサービスから一転して、現在は平均どのくらいで到着するのでしょうか。食品であれば約20~30分と半分に短縮され、且つ食品が冷めてしまわないように保温ケースや配送にも様々な工夫がされています。
とある食品デリバリー店では、時間内に届けることが出来なければ割引にすると謳っているところもあり、自社で独自の技術を取り入れるところも多くなってきました。
また従来は「配送をすれば良い。」というスタンスでしたが、現在は配送スタッフの対応にも気を配っているので、気持ちよく受け取ることができます。小さなことではありますが、顧客満足度向上のために多くの取組みをしている様です。
配送スタッフが道に迷う、または関係のない場所へいかないように乗り物にGPS発信機を搭載している企業もあるようです。

様々な方法で情報を共有

現代人とネットは切っても切れない関係となり、私達の生活に深く根付いています。デリバリーサービスに関しても同じことが言えます。電話ではなくネットからの予約が可能になり、顧客のライフスタイルに合わせてサービスを利用することができるようになりました。
ちなみにネットを活用しているのは、予約だけではありません。顧客の注文する時間帯やメニューを分析し、メール登録をしているのなら顧客にあったクーポンや、メニューを送信するといった、よりニーズに合わせた体制を取っています。またサーバー上でデータ管理をしているので、売上の比較が簡単になりました。注文受付だけではなくデータ分析にも長けているので、配達管理やスタッフの勤怠管理など様々な情報を簡単に共有できるようになったのです。
そのため、従来よりも早く・確実に・ニーズに応えたサービスを提供できるようになりました。これは働くスタッフにとってもプラスだといえます。


TOPへ戻る