とにかく早い!デリバリーの謎を探る

>

デリバリーサービスってどんな仕組み?

従来はこんな仕組みだった?

一般的にデリバリーサービスが利用されだしたのは1985年以降で、このサービスを始めに提供したのがピザ店でした。今もデリバリーピザ業界では、第一線で活躍している企業です。
デリバリーを始める前までは、店舗を構えて顧客が来るのを待つといった受け身の体制でした。もちろん広告を出しますが、それ以上に何かアクションを起こすことはありませんでした。しかしデリバリーの場合、電話一本で注文を承りますので店舗も在庫を無駄にすることはありませんし、顧客もわざわざ店舗へ足を運ばずとも商品を受け取ることができます。
仕組みとしては受注を受けてから製品の作る、または準備し出荷になりシンプルながら無駄がありません。従来の受け身体制を打破し、顧客のレスポンスに応えていくアクションを起こすきっかけになったのがデリバリーサービスなのです。

どのくらいの時間だったのか?

画期的なシステムとはいえ、まだまだ技術発展が未熟でしたのでその当時のデリバリーは、注文を受けてから受け取るまでの時間が約1時間程度です。これに渋滞などを加味すると更に時間がかかっていた可能性もあります。せっかくデリバリーを依頼したのに、商品を受け取るとすでに冷めてしまって意味がない。そんな事もありました。
また長期的なビジョンを持たずにただ流行りに乗っかってデリバリーシステムを取り入れてしまったところは、受注と出荷の連携が取れずサービスの質が悪くなってしまい、売上が伸びなかったというケースもありました。
これらを踏まえると単に導入するだけではなく、そのサービス概要や仕組みを知った上で利用しなければならないことがわかります。


TOPへ戻る