とにかく早い!デリバリーの謎を探る

なぜ早い?デリバリーサービスの裏側

デリバリーサービスってどんな仕組み?

従来のデリバリーサービスは、最低でも1時間以上かかる事がほとんどで、受け取った時にはすでに食事が冷めていることもありました。 まずは従来のデリバリーサービスについて知っていきましょう。日本で一番先にデリバリーを始めた企業などの情報も掲載していますので、ちょっとした小ネタにもなります。

より高速化を目指して

いつまでもお客様を待たせてしまっては、そのサービスを利用する方はいなくなります。また近年では口コミが大きな反響を生むことが多いので、個人の意見というものは非常に重要視されています。 ここでは、デリバリーサービスが高速化した現在のサービスについて、またはその裏側について紹介しています。

従来はこんなに遅かったの?

買い物へいくのが面倒、または忙しすぎて外出する暇がない。そんな時に宅配サービスは非常に便利です。電話、またはネットから依頼するだけで指定の時間帯に届けてくれるので、お世話になったことのある方は多くいるのではないでしょうか。
ちなみにこの宅配サービスが始まったのが、1985年と意外にも歴史は浅い様です。現在もデリバリー業界の第一線にいる飲食店が始めた事をきっかけに、多くの飲食店がデリバリーサービスを展開するようになりました。ちなみにラーメンやそばといった店舗に飲食スペースを構えているところが宅配をする場合は出前と呼ばれ、店内に飲食店を設けておらず宅配のみを承っているところをデリバリーと呼びます。近年ではケータリングなどの出張を含めたデリバリーサービスが提供されたり、飲食以外のデリバリーがあったりと目まぐるしい進化を遂げています。
このデリバリーですが、サービスが開始された直後はかなり時間を要していた事はご存知でしょうか。今の様に、連絡手段が複数ある訳でもなく電話のみでした。そのためレスポンスが弱く、受け取った時にはすでに食事が冷めていることもありました。それが今となっては様々な連絡手段や管理方法があるため、店舗で頂くのと変わらない状態になりました。このようにデリバリーサービスの目まぐるしい発達はもちろんのこと、サービスの裏側や導入するにあたってどういった事に気をつけるべきか、実際に導入した一例を紹介していきます。
これからデリバリーサービス導入を検討している企業はもちろんの事、普段自分たちが何気なく使っているサービスについて知ることで、ありがたみがわかるのではないでしょうか。

実際に導入した方の意見

デリバリーサービスを導入した店舗へ感想を聴取してみました。導入する前後で手間や売上がどの程度変わったかを知ることで、これから導入検討をしている方に役立つ情報となります。 また導入の際に気をつけるべきポイントもいくつかに分けて公開していますので、参考にしてみてください。

TOPへ戻る